担当者 moriyama  登録日時 2021-8-21 15:46 (385 ヒット)

購買ネットワーク会若手分科会

自分を変えたい人たちへ。新たな刺激が欲しい人たちへ。
組織を破り、自己ブランドとしてのバイヤー業を確立したい人たちへ。

購買ネットワーク会とは、業種を超えた先進的バイヤーや購買・調達関連に携わる方々の自主的な、そして奇跡的な交流会です。

2020年に大好評となった購買ネットワーク会 オンライン講演会から派生し、
距離を超えた学びと繋がりの場を作ろうと『若手分科会』を設立いたしました。

若手分科会では、若手から中堅バイヤーを中心幹事として運営し、
また、ターゲットを幹事と同じ若手から中堅バイヤーに見据えています。


若手分科会の位置づけ

購買の基礎から時流のホットトピック等、様々なテーマを取り扱いながら
その取り扱ったテーマについて自由闊達な意見交換を重視した会を目指しています。

申込は、本ページ最下部の「予約申込」からお願いいたします。



開催概要
「愛と憎しみのODM ーーブラックボックス製品のコスト査定」

製造業において、「ODM(Original Design Manufacturing)」という言葉をよく耳にします。

ノウハウや技術力がなくても自社のブランドとして製品を販売できるので、
従来、自動車、電化製品業界ではこのような生産方式が多く存在しています。

しかし、開発・製造を全て外部の委託先に依頼しており、完成品だけを渡されるので、
それがどのようにできたのかは分からなくなってしまう弱点があります。

そしてそれは、バイヤーにとって、ODM方式で製造する製品のコスト構成がブラックボックスとなるため、コストダウンが極めて難しくなります。
仮に製造委託先で不要なコストがかかっていたとしても、自社では発見することも、コントロールすることもできません。

それでは、ODM製品の査定は不可能でしょうか?
ブラックボックスを解明しようとしたら、どうすればいいのでしょうか?

今回は、入社2年目社員の成長ストーリーを交えながら、
ODM製造や査定の基礎を解説するとともに、
とあるメーカーで海外EMS管理に苦労したポイント等をお話しします。

購買歴が浅い人でも参加出来ます。
同じく悩んでいる若手のバイヤーたちの一助となれば幸いです。

奮ってのご参加お待ちしております。



日時  :2021年9月6日(月)21:00〜22:00
定員  :50名
参加料 :無料
接続媒体:Zoom
参加方法:下記リンクより参加登録された方に会議接続方法とパスワードをお送りします
     (PCおよびスマートフォンからアクセスいただきます。
      またご参加者様は基本的に音声をミュートにしていただきます。)


開催回数:毎月はじめの月曜日に、テーマを変えて実行していきます。



キャンセルポリシー:
開催日前日までは、確認メールに明記されたHPよりキャンセルのお手続きをして頂き、キャンセル待ちの方に席をお譲りください。
ご連絡のないキャンセルが重なった場合、次回以降のご参加をご遠慮頂く場合があります。


※ご注意願います※
購買ネットワーク会では混乱を避けるため、「ご出席お申し込み受付メール」を受け取った方のみの参加とさせていただきます。
(迷惑メールフォルダに仕分けられてしまう場合があるようです)
参加ご希望の方は必ず事前に参加申込をお願いいたします。

携帯電話からの参加登録は、携帯電話キャリア側のサーバーが拒否する場合がありますので、PCからの登録が安全です。
「確認ページ」ボタンを押すと、入力いただいた内容での確認ページが表示されます。
そこで「予約を申込む」ボタンで確定してください。
確定操作が行われないと申込みは完了致しません。

開始時間 21時00分
定員数 50人 (予約数 47人)
予約締切時間 2021-9-6 19:00
受付を終了しました